■三国岳 MTB          ■自転車旅行記(地域別)へ

●2009年7月20日

とんでもない所へ行ってしまった。岐阜・福井・滋賀の三県にまたがる三国岳である。登頂困難なヤブ山であり、ここを紹介しているガイドブックも登山記録も少ない。登る人の少ないヤブ山を多く紹介している「近江百山」中でも、上谷山と並んで最高の難易度に位置づけられている。

まず、この山には登山道と呼べるものがない。1/25000地形図にある滋賀側からの破線ルートは全く使えないらしい。また、隣の三周ヶ岳との鞍部には夜叉ヶ池があり、福井・岐阜の両側から登山道が整備されていて池までは簡単に来れるが、そこから三国岳までの稜線はヤブの連続のようだ。ただし、近年になって稜線上のヤブが刈り払われて夜叉ヶ池から三国岳へ続く道が出来たということで、それならば簡単に行けるだろうと思って出かけた。

720日、晴れ。福井側からアプローチすることにして8時に今庄駅を出発。舗装路の林道の坂道を漕いで走っていると、車で来ていた二人組の男がマムシを捕まえたと言って私に見せてくれた。林道で4匹ものマムシに出くわしたらしく、山の中にはもっと多くのマムシがいるよと告げられた。

林道から登山道を経て11時に夜叉ヶ池に着くと、十数人ばかり人が集まっている。伝説の池だけあって池を目的に来る人も多い。ここから県境尾根が三周ヶ岳と三国岳の双方に延びているが、案の定、山頂を目指す人はみな三周ヶ岳へ向かい、三国岳方面へ行く登山者は皆無のようだ。

1130分、三国岳に向けて稜線を歩き出す。最初の1212ピーク(夜叉ヶ池山)までは、そこそこしっかりした踏み跡が続いていて、右肩に自転車を担ぎ、左手で笹を払いながらも何とか進める。やがて背丈ほどの笹ヤブが両側から覆い被さるようになり、踏み跡も見えづらくなる。自転車を頭上に持ち上げて進めるうちはまだましで、背丈を超えるヤブや木の枝がはびこるようになると自転車が引っかかって中々前に進めない。目の前の笹を掻き分け、両手で自転車を振り回し、からまったヤブを払いのけながら1206ピークに到達。ここで1220分。少し時間に不安を覚えたので、休憩せずに先を急ぐ。第一、ゆっくり休憩できるスペースなど全くない。

←『夜叉ヶ池山』とあるが実際はp1206   

1206ピークを過ぎた辺りから、一匹のスズメバチにずっと付き纏われるようになる。虫よけスプレーを持参してきていたので使おうと思ったが、周囲の笹で身動きが自由にできず、ザックから物を取り出すことが困難なのであきらめた。そもそも虫よけスプレーなどスズメバチには効かないかも知れない。

やっとのことで三国岳手前の鞍部までやってくる。ここで1時。このままでは山頂までは無理かも知れないと気付き始める。体力もかなり消耗している。登りに転じると、ヤブの中では自転車を押しながら進めるところは全くない。同じ道でも下りなら勢いに任せて押して進めるところでも、登りの場合はそうはいかず、例え担いでもすぐにヤブに引っかかってしまうのだ。肩に担いだ自転車を下に下ろすことすら出来ない。さらに地獄なのは、ほんの数秒でも立ち止まると旋回していたスズメバチが体に止まってくるので、呼吸を整えるためにちょっと休むことすら出来ない。しかも一匹だったスズメバチが、気付くと34匹いるではないか。

GPSを見れば山頂までもう僅か200メートルもないが、この調子だとあと1時間以上はかかるかも知れない。おまけに山頂に近づくにつれて、ヤブの密度が急激に濃くなってきた。もはや踏み跡すらなく、物理的にも自転車は通せなくなってきた。それでも無理に通そうと格闘していたとき、とうとうスズメバチに刺された。肩や背中を3箇所。さすがにもう撤退しかない。150分、山頂まで残り150m地点で、もと来た道を引き返す。

引き返している間にもずっとハチは後を追ってきたが、これ以上刺されることはなかった。ただ、足元が全く見えないところを歩いているため、足首を蛇に噛まれてしまった。ヤブの中を突き進んだせいで、ズボンの裾も靴下もめくれ上がっていたのも災いしたようだ。毒の強いマムシでなかったことが幸い。

鞍部から先、登りになってからは案の定、全く進めなくなった。体力の消耗も関係しているだろうが、行きの時の倍以上時間がかかっている。今回最大の誤算だった。自分では100メートル位進んだつもりでも、GPSを見ると20メートルしか進んでいない。工具を使ってハンドルを90°曲げて前輪と同じ向きにしてみたが、あまり効果はなかった。

そのうち体力の限界がきた。それまで一度も腰を下ろしてなかったが(腰を下ろせるようなスペースもないため)、自転車を放り投げて、ヤブの上で仰向けになった。気持ちいい。ハチもヤブの中までは潜ってこないようだ。一気に眠気が襲ってきた。このまましばらく熟睡しようかと思ったが、暗くなるまでに少なくとも夜叉ヶ池に戻らないといけないので、数分の仮眠を取ったのち無理やり歩き出す。

どうにかして登山口まで自転車を持っていけさえすれば、あとは駅まで一気に下るだけだ。ただ、鞍部から先、30分かけて僅か200メートルしか進めていない。このまま自転車を運んでいけば暗くなるまでに夜叉ヶ池には到底戻れないだろう。20kmの林道を歩く覚悟で、ついに自転車を置いて行くことを決めた。こんな所、誰も通らないので邪魔にもならないし、ヤブで固定されているので飛ばされることはまずありえない。

自転車をヤブの中に放り投げてからも、軽快というにはほど遠く、何度も踏み跡から逸れながら、430分にようやく夜叉ヶ池へ戻ってきた。すでに人影はなく、静寂の中、来た時と同じ福井側への登山道を下って行く。既に水を切らして脱水症状気味だったので登山口で水分補給を行い、ここで初めて食物を口にする。そこから林道を一人歩き続けるうちに暗くなった。外灯どころか月明かりすらないアスファルトの道を、自転車から外してきたライトを照らしながらひたすら歩き続けた。足元に蛇がうようよいて気持ち悪かった。

次の週末に自転車を取り戻しに再び来る予定であったが、あいにく週末は悪天候が続き、全国的にも豪雨による死者が多数出た。半月以上後になってようやく、岐阜側の登山口まで車を利用し、自転車を回収する機会を得た。夜叉ヶ池から往復わずか二時間、意外とあっさり回収に成功。あまり自覚していなかったが、体力が残っている時とそうでない時とで、ここまで違うものかと驚いた。長らく放置していた自転車は、まったく投げ捨てた時のままの状態で発見された。思ったほど錆びはひどくなかったが、変速ケーブルが根元から引きちぎれていた。

後から聞いた話によれば、夜叉ヶ池〜三国岳の稜線は一時的に道ができたものの、その後、(一部の好事家を除いて)継続して入る人がいなくなって廃道化してしまったそうだ。ここは三県の県境でありながら三角点も標高点も現在のところ設置されていないが、近い将来、県境を確定するために道が整備される可能性もあるらしい。それが確実であれば、その時まで待てばよいのだが、いつになるか分からない。もしくは残雪期に挑戦するかも知れないが、アプローチの積雪状況によっては時間切れになってしまうだろう。確実に言えるのは、同じ道で無雪期には二度と来ないということだけだ。


再挑戦の記録はこちら

inserted by FC2 system